沖縄ムエタイ・キックボクシングジム 「ムエカオ」ブログ

沖縄県名護市にあるキックボクシング・ムエタイジム「名護ムエタイスクール」ムエカオ会長による個人的なブログ、ムエタイ・空手・格闘技・MMA・ダイエット・スポーツクラブ・沖縄暮らし・タイ関係・イケメン・芸能・恋愛・勉強情報

カテゴリ: 強くなるために

総合格闘技チーム・グランドスラムAPPのゆうまくん。

{8EB35B67-6594-4896-AA7A-0FCB83AA5DFB:01}

ゆうまくんは、名桜大学の学生でもあります。4月から2年生。



いつか打撃ありの総合格闘技の試合に出るために、



打撃の練習にと名護ムエタイスクールに出稽古に来てくれています。



わたしのアドバイスも真剣に聞いてくれ、自分に取り入れようと一生懸命です。

{4A65672D-4D67-4457-A418-D2D146B3B354:01}

ゆうまくんは、高校のときまで柔道をやっていたのと、




現在のグランドスラムAPPでのトレーニングで、寝技・組技は、




我々、打撃専門でやっている人たちにとっては、さすがにまったく歯が立ちません。




首相撲トレーニングの画像ですが、みんなデカイ!




平均身長約180センチ 体重約75キロ




K-1ミドル級MAXかっ!(ノ゚ο゚)ノ


琉球かきだみし協会・安里代表。



RIOTジム、総合格闘技GROUNDSLAM A.P.P、名護ムエタイスクール。


{4A30C825-D9E7-4DD6-8DC7-6A2FBD5EE7FF:01}

格闘技のジャンルを越えて、強くなりたい、上手になりたい、



他の格闘技にも興味がある、など、そんな気持ちを持った、



志の高いメンバーが集まってくれ、とてもいい練習ができました。

{573FDD44-E98A-4F87-8E89-B558859E336C:01}


{8A9D3A70-CE30-44E8-803C-CF76FA5B700A:01}

みなさんが、協力してくれたおかげで、無事に練習会を終えることができました。




ありがとうございます。


真樹ジムオキナワ

RIOTジム

GROUNDSLAM A.P.P


名護ムエタイスクール

http://www.geocities.jp/makidojo/nago.html


昨日は、浦添から琉球かきだみし協会の安里代表を招いて、




ミットの持ち方や試合用バンテージの巻き方など、




トレーナーやセコンドの研修をしていただきました。

{EF1EE9FC-8487-402A-921E-156B904BD985:01}


{BAA5A753-8776-43BE-AE11-9934EB348214:01}

トレーナーやセコンドの作業は、選手たちが大声を張り上げて、




サンドバッグやミットを蹴るのと違って、非常に地味な作業なので、




あまり注目をされませんが、とても大事な人たちです。




選手が試合で活躍できるのも、普段トレーナーがミットを持ってくれたり、




試合では、セコンドがバンテージを巻いてくれてり、水を飲ませてくれたり、




選手一人では、なかなか力が発揮できません。




名護ムエタイスクールでは、会員さん募集はもちろんですが、




トレーナーやセコンドなどをやってくれる人も、募集しています。




格闘技が未経験の人でも、このように一から指導していきます。




興味のある方は連絡お待ちしております!




安里代表ご指導ありがとうございました。




そして、なんと!本日も、そのまま名護に残り、




13時からの合同練習にも参加してくれます。




よろしくお願いします。




名護ムエタイスクール

名護市大西2-4-34

0980-43-0016


今回も、東京での試合を観ていて思ったのは、




どこを見てもタイ人トレーナーがいることからわかる通り、




まず首相撲は、そこそこできて当たり前。




そして、1番大切だと思ったのは、何としても勝利をもぎ取るという強い気持ち。




テクニックや経験が、圧倒的に劣っていたとしても、




その強い気持ちで、諦めず、前に出つづけて、反撃する、




それが勝利への突破口となりうる。




そして、自分の放ったパンチがたまたま当たって、相手が一瞬でもひるんだら、




そこを勝負どころと見て、走って相手を追いかけて行くくらい、




絶対に相手を逃がさない。




沖縄では、安里代表が沖縄キック界のために今までやってきてくれているおかげで、




元チャンピオン・ライオットのように、今では沖縄にいながら、




チャンピオンを目指す環境が十分に整っていると思います。




しかし、環境が整おうと、テクニックを学ぼうと、その根本的なものがないと、




真剣勝負の試合では通用しないのかなと思いました。




今回我々、沖縄の指導者一同は、主催者様や関係者のみなさまのご好意で、




たくさんのことを学ばせていただきました。




できれば、上を目指してる選手たちも、沖縄県内の試合だけでなく、




こういった東京などの試合も自己投資・強くなるための練習の一部として考えて、




観に行って、何かを感じてほしいです。



{5C5B65AB-4095-4C09-9BF4-9D6AAFE1CA8A:01}

今回、名護からわざわざ、岸本会員、久高会員が、応援にかけつけてくれました。



岸本さんは、選手のウォーミングアップからセコンドまで手伝っていただきました。



選手たちは、そんな会員さんたちに、なにをしてあげましたか?



テクニックを魅せましたか?感動を魅せましたか?強い気持ちを魅せましたか?







お礼すら言ってない選手もいるんじゃないですか?

image

試合に出る選手たちは、努力しています。

{0574A2BA-F446-45F6-8683-903881302D7D:01}

{8132CA8C-4ABD-44A9-97D5-060E7611C080:01}


{88FCC7E0-8717-4E33-A3D6-88CADF99A33B:01}

長州 力の言葉でもありましたが、小力じゃないっすよ。



「努力をしても報われない奴はいる。間違いなくいる。ただ成功した奴は、必ず努力をしている。」



その言葉の通り、勝ちたかったら、試合に出るんだったら、出たいんだったら、



まずは練習あるのみですよね。



こんなボーっとしたイケメンでも、練習風景を見ていれば、



その選手が、ジムだけでトレーニングしているのか、



それ以外で自分で走ったりしているのか?



試合に結びつくような筋トレをしているのか?



ただの自己満足の筋トレになってしまっていないか?



ジム以外でどれくらい努力をしているのか、



くらいは、すぐにわかりますよヾ(@°▽°@)ノ



最近は、特にアリサのキックが強く・速くなってきています。



次は誰に変化が見えてくるのか楽しみです。

↑このページのトップヘ