沖縄ムエタイ・キックボクシングジム 「ムエカオ」ブログ

沖縄県名護市にあるキックボクシング・ムエタイジム「名護ムエタイスクール」会長による個人的なブログ。ムエタイ・格闘技・ダイエット・沖縄暮らし・タイや中国など海外への遠征など。

カテゴリ: 強くなるために

名護ムエタイスクールでは、


スパーリング大会やアマチュア大会に出る選手は、


半強制的に首相撲をやらせています。ラブラブ

photo:01


名護でおこなわれたスパー大会を見て、


久しぶりに血が熱くなったという、


本部町出身の「K」。



いつか出場するだろうスパー大会に向けて、


プロのコウヘイと10ラウンドの首相撲。


投げられっぱなしで、帰るときはグロッキー状態になっていましたが、


次の日には、普通の顔して練習に来てました。



こんな傷がついても、毎日上達しているのが、


自分でもわかるから、苦しい練習も、


乗り越えられるのかもしれませんね。




健康維持で通っている会員さんでしたら、


体重や体脂肪など、毎日つけたり、


自分の全身の写真を撮って、


どれくらい身体つきが変わってきたか、


そういったことをしてみると、


毎日続けていく、いいモチベーションになるでしょう。




6月3日の『K-SPIRIT 2』の試合を見ていて、


自分のジムの選手だけでなく、どの試合もそうでしたが、


セコンドのアドバイスをしっかりと聞いて、


その通りに動く選手と、


聞いていないのか・聞こえてないのか、


セコンドのアドバイスの指示にまったく従わない選手。



それが、そのまま試合結果や試合内容に結びついていたような気がします。



あ~、もったいないな~っていう試合がいくつかありました。



もっと楽に勝てるのにとか、指示に従ってたら勝ってたのにとか。



今回試合に来てくれていたお客さんたちは、すごくマナーがよく、


静かに見てくれている人が多かったですね。



もっと、激しく応援してくれてもいいとは思うんですが、


このことが幸いしてか、僕たちセコンドの声が会場中に響き渡っていました。



もしかしたら、お客さんたちが1番セコンドの声が聞こえてたかもしれませんね。


見ていたお客さんも、僕と同じようなことを思ったんではないかと思います。


試合にむけて、特訓中の18歳ゆうき。

photo:02

photo:03
※今は、もっと黒いです


実は、昨日、ある重大なミスを犯していることに本人は気付いてしまいました。

しかも、2個も。


僕や、まわりの人は、そのことを知っていて、ずっと前から指摘していたのに、

本人はそんなことないって言い張るので、試しに動画で撮って見せてあげたら、

本人、めちゃくちゃショックを受けていました。


自分の動画って、初めて見たら、けっこうショック受けますよね?

イケメン自身も、現役時代、自分の試合の動画を見てビックリしましたからね。

俺って、こんなにキックのスピード遅かったの?とか、俺のパンチ弱っとか。

自分で見てられないくらい恥ずかしかったです。


でも、それで現実を受け入れて、

自分にできること、できないことを考えながら練習していきました。


果たして、ゆうきの場合はどうなることでしょう?ドキドキ

相手も見ているかもしれないので、詳しいことは書けませんが、

試合までに修正することができるのでしょうか?

癖ってなかなか直らないからね~。にひひ


読者登録してね

今年に入って発表された


琉球かきだみし協会

おやじバトルランキング
photo:03


名護ムエタイスクールから、4名もおやじたちがランクインしています。



それはたんに、ジムにおやじの人数が多いってこともあるかもしれませんが、


それだけじゃなく、しっかりとした練習に裏づけされた結果でもあると思います。


photo:01


自信を持って、試合に望めるのは、練習量や練習の質、


そしてプロやプロレベルの相手と練習をしてるからだと思います。



いつも自分よりも、弱い相手を選んでスパーリングをしていても、


そのときは気分が良くても、結果的には、あまり成長できないということを、


社会の中で学んできたおやじたち。


怖いけど、勇気を持って、自分からプロ選手たちに練習を申し込んでいきます。


photo:02




そして、自分の練習時間を割いて、一緒に練習に付き合ってあげるプロ選手たち。


プロ選手がいろいろアドバイスもしてくれます。




逆に、おやじたちは、練習ではプロ選手たちにあまりしてあげれることがないので、


プロ選手が試合に出るときはチケットを買って、応援しに行ってあげたり、


人生の相談に乗ってあげたり。



そんな、いい関係が今回のランキングにつながったのではないでしょうか。



おやじたちは、自分自身が強くなりたいのはもちろんですが、


自分たちのジムのプロ選手、コウヘイ・マサ佐藤たちがリングで戦っているのを、


まるで自分のことのように見ていると思います。



今年はおやじたちのランキング入りだけでなく、プロ選手たちも今以上の上を目指して、


チャンピオンになるよう、みんなで協力していきましょう。


名護ムエタイスクールのコウヘイ・マサ佐藤・タカアキの応援よろしくお願いします。


読者登録してね


琉球かきだみし協会の会議など、いろいろあり、


昨日から、真樹ジムオキナワ浦添に来ています。


沖縄イケメンキックボクシングトレーナー「ムエカオ」のブログ-ipodfile.jpg


毎年この時期には、東京からK-1やRISEで活躍中の小宮選手が来てくれています。



ジムはまだお休みだけど、プロ選手やプロを目指している選手たちは、


ジムに来て、一緒にトレーニングしていました。

やはり、上を目指している選手は違いますね。



本当に強くなりやつって、べつにこちらが強制しなくても、


自主的に練習してますよね。


別に、やってる本人たちからすれば、


強くなりたいから練習しているのであって、


言われなくても練習するのは、そんなの当たり前すぎて、


何とも思ってないかもしれないけど。




これから上を目指していく選手たちは、


リングの上では華々しいチャンピオンたちでも、


みんなが休んでいるとき、実はこうやって練習しているってことを、


頭に入れておいてほしいですよね。




僕も、こうやって頑張っている選手たちには、


ジムの枠を越えて応援してしまいます。



履くだけダイエットスパッツ「DREAMFACTOR」


読者登録してね


↑このページのトップヘ