キッズは基本はクラス制なので、参加したみんなで一緒に進めていきます。

子供たちみんなが怪我などをしないようになど、全体を見ながらやっているので、参加人数が多い日になると、正直、全員を細かいところまで教えることができません。

そうなると、どこで実力差が付いてくるか?

家で練習しているか?とか、そういうのはあんまり関係ありません。

それよりも、ジムでのクラス中にどれだけ集中して練習しているか?

あとは、キッズクラスにコンスタントに参加しているか?強くなろうと思って努力をしているか?

キッズクラスは週3回ですが、両親の送り迎えや学校のイベント、また、本人が今日は休むって言ったりして、みんながみんな毎回参加できているわけではありません。

そうなると、たまにキッズクラスの参加者が少ない日が出てきます。

今日は、みんなが来てないからつまらないとか、そういうことを言っている場合じゃありません。

こういう日こそチャンスなんです。

人数が多い時は、私も全員を見渡さないといけないので、細かいところまで教えることができないけど、そんな日は細かいところまで学べるチャンスなんです。

いつも、みんなにやられて泣いたり、すねたりしている子、または強くなりい子、変わりたい子。そういう子は、少ない時こそチャンスなんです。誰かが家でゲームをやっている時、遊んでいる時にジムに来て、細かいところまで教えてもらって鍛えてもらう。

最近の子を見ていると、やられて泣いて、そのあと、特に何もせず、またやられて泣いてのくり返し。みんなが手加減をしてくれるのを待っているだけなんです。それでは何も変わりません。大切なのは、自分がやられないように、自分が変わる努力をすることだと思います。

みんなが休んでいるときでも練習して、そしたら前よりもやられなくなって、だからもっと練習しようとなって、その繰り返しで少しずつ精神力もついて、自信もついていくと思います。

そんな小さな成功体験の繰り返しが、将来、子供たちにとって、キックボクシング以外でも人生の役に立っていくんじゃないかと思ってます。

名護ムエタイスクール会員募集中です↓
http://muaythai-nago.blog.jp/archives/84245524.html