先日のONE ChampionshipをアメーバTVで見て、ノンオー対鈴木選手。

ノンオーはオーソドックス、鈴木選手はサウスポー。

オーソドックスは、右利き。だからほとんどの人がオーソドックスになりますよね。キックボクシングでは左足が前に出ている構えです。それに対してサウスポーとは、左利きの選手のことを言います、右足が前に出ている構えですね。

サウスポーは、ジャブも左じゃなくて、右のジャブ。前蹴りも基本は右足になるし、ミドルキックも基本は左のミドルキックになります。すべての技が右利きの人とは反対になります。

だからといって、すべてを右利きの人の反対にしてコンビネーションなどを練習すればいいかというとそうではなく、

サウスポーならではの練習や技、戦い方があります。

相手との距離のとりかたを1つとっても、右利きとはかなり違ってきます。

ノンオーは対サウスポーのお手本というような戦い方をしていました。戦っている選手たちにしか伝わらない細かいフェイントやプレッシャーなどあったと思いますが、かなり参考になりましたね。

どんな戦い方って?それはYouTubeにアップされてたから何回も見て、勉強するしかないっすね。それかジムでプロ選手たちやトレーナーたちに聞いてみてください。



でも、ただ、戦い方を覚えるだけじゃダメですからね~。まずは構え、ステップワークや一つ一つの技がしっかりできてからの戦い方になりますからね。そこができてないと、いくら戦い方のマネをしても、まったく違った試合内容になってしまうでしょう。

結果は負けてしまいましたが、鈴木選手、気合い入って根性で最後まで戦い続けましたね。普通の選手だったら、途中で気持ちも折れてレフリーストップとかでしょう。自分だったら1ラウンドにミドル一発もらっただけで戦意喪失です笑。

しかも海外で、飛行機乗って、言葉も通じないし、食事も違うし、気候も違うし、眠ったりする環境も違うし、そんな中で世界のトップレベルの選手との試合。
自分もジムの選手たちも何回か海外で試合して、自分も一緒に行ってますが、すべてにおいて疲れ方が日本にいる倍以上になりますよ。内蔵や筋肉だけじゃなくて、目とかもすごく疲れますからね~。

個人的に海外行くとき1番ネックになってるのはトイレっすね。
普通の人は、せっかく海外に行くからそんなことを考えないと思いますが、私は胃腸が弱いので、常にトイレの場所や大量のティッシュペーパーの携帯、食事の時間や食事のメニューなどに気を使ってます。それでも緊急事態は起こりますけどね泣。





名護ムエタイスクール
〒905-0018
沖縄県名護市大西2-4-34
0980-43-0016

名護ムエタイスクールの公式ライン@もあります。 

友だち追加
こちらにご登録いただくと、お得なキャンペーン情報や選手の試合情報、ジムのイベント情報などお届けします。ご登録よろしくお願いします。

フェイスブックページ
https://www.facebook.com/nagomuaythai
インスタ
https://www.instagram.com/nagomuaythai/
公式ライン
https://line.me/R/ti/p/%40bay8844p 
キッズクラス案内
https://peraichi.com/landing_pages/view/nagomuaythaikids

護身術コース、一般コース、女性コース、キッズコース
体験レッスン、出張レッスンあり。

名護ムエタイスクールでは、
ジム、選手を応援してくれる個人・企業・団体様を広く募集しております。 
お問い合わせはこちらのフォームから↓ 
http://muaythai-nago.blog.jp/archives/72300258.html