1月20日に名護市民会館にてレキオバトル名護Vol.3があります。
その中で、沖縄県内のアマチュアキックボクサーチャンピオンを決めるトーナメントもあります。

IMG_5938

普通のワンマッチは、ある程度の階級設定がありますが、お互いが同じくらいの体重だったら、何キロ級とか細かくはやりませんが、アマチュアトーナメントは階級が60とか65とかキッチリ決まっているので、はじめての人は、どの階級で出るべきか迷ったりすると思います。

2017-09-08-11-45-21
たとえば普段の体重が62キロとか63キロの人とかは、どっちの階級に出たらいいのか、迷ったりすると思います。あと少し体重を落として60キロ以下に出るのか?そのままの体重で65キロ以下で出るのか?

たとえば60キロ以下だったら60.00もオッケーです。アマチュアなんで実際にはここまで細かくはやりませんが、わかりやすく言うと、59.99もオッケー。60.01はオーバーになります。

65キロ以下など、他の階級も同じです。

私の考えで言うと、ただ体重を落とせるなら落とせってっていう話ではなく、個人個人によるってことですね。それじゃあ全然、答えになってねぇじゃねぇかってなりますけど笑。すいません。

普段、食事管理などあまりせず、身体が少し太り気味の人だったら、試合前の2週間くらい少しだけ食事制限すれば2キロくらいは落ちるだろうし、普段から食事も管理して、身体が引き締まっていて体脂肪が少ない人だったら、あまり体重は落ちないだろうし。
IMG_3182
また普段50キロの人が短期間で2,3キロ落とすのと、70キロくらいの人が短期間で2,3キロ落とすのは、まったく違うし。

あとは、今回はトーナメントということで、もし勝ったら2試合戦うことになります。ただその日に体重を落として終わりではありません。相手と戦うことになります。しかも2試合。いくら体重を落としても、身長差などで有利になったとしても、自分の体力や気力がなかったら、試合どころではありません。

人によっては、少し体重絞ったほうが動きもシャープになって、体力も変わらないって人もいるし、普段よりも体重名護を落としたせいで、すぐ疲れる、パワーもなくなるって人も。

普段と同じ体重で試合に出て、体格的にも不利になってもそれを補うだけのスタミナやスピード、パワーがある人。
減量をしたせいで体力も落ちて、ギリギリだけど、体格差を有利にしてなんとか勝ちに行くって人。

いろいろやり方はあります。
IMG_4583
あとはキッズですね。減量はあんまりやらない方がいいでしょうね~。基本、毎日身体が成長してますからね。現状維持でもけっこうキツいかもですね。年に数回だけの、少しだけの減量でしたら、大丈夫だと思います。むしろ減量というよりも、試合前で練習量などをいつもよりも増やして、食事をしっかり摂っても、少し体重が減ったくらい。それくらいがいいと思います。
marin3
忘れていけないのは、計量は当日の朝、試合は午後。そして勝ったら2試合。

自分だけで判断しない方がいいです。

だからと言って格闘技をかじったことがある人とか、友達とか、そういう人と相談して決めるのはよくないです。

やっぱり毎日練習を見てくれている人、自分自身も経験がある人。そうなるとジムの会長やトレーナーですね。選手の骨格、体質、食生活、食欲、練習量、意志の強さ、練習の様子など、総合的に見て客観的に判断してくれると思います。
CY0A9024
あとは、何回も自分でも試してみること。どんな食事が良かったとか、こんな練習がよかった、どんな生活をしていたら体重が落ちやすくなったとか、試行錯誤しながら、できればメモとかして記録していったら、どんどん自分の身体のことがわかってくると思います。

アマチュアのうちにいろいろ試しながら試合をしていくと、いずれプロになったときに、とても役に立ってくるでしょう。アマチュアで勝負に徹して何連勝とかするよりも、アマチュアの間に、勝ったり負けたりしながらいろいろ試して、将来プロになってから連勝する方が賢いですね。
2017-12-04-18-15-53
スムージーより低糖質、プロテインより低カロリー


名護ムエタイスクール
沖縄県名護市大西2-4-34
0980-43-0016

フェイスブックページ・インスタ 動画配信中↓
https://www.facebook.com/nagomuaythai

https://www.instagram.com/nagomuaythai/


名護ムエタイスクールでは、
ジム、選手を応援してくれる個人・企業・団体様を広く募集しております。
お問い合わせはこちらのフォームから↓
http://muaythai-nago.blog.jp/archives/72300258.html