一般の出場は武蔵、女性はユキコさん。

本当は、一般も女性もあと一人ずつエントリーしていたのですが、対戦相手が見つからず、今回の試合は見送られました。

まずは武蔵。
musashi1
来年のレキオバトル名護で開催されるアマチュアトーナメントを見込んでの出場。対戦相手もアマチュアトーナメントを出場を希望している選手でした。試合は、まあまあレベルも高く、良い試合でしたが、まあドローですね。
今回の武蔵は、とにかくスタミナ不足でした。相手がどうのこうのとか、ここをもっとこうしていればとかじゃなく、単純にスタミナ不足。まずはスタミナ、これはプロでもアマでも基本中の基本。スタミナがなかったら技も出せません、試合が終わるまで、自分を守ることに精一杯になってしまいます。スタミナは練習でしかつきません。逆にスタミナがあれば、そこそこ逆境に追い込まれても、逆転できるチャンスは作れます。
1月のトーナメントの優勝目指して、これからスタミナをつけていかせたいと思います。他の選手たちの試合も見ましたが、武蔵のポテンシャルだったらスタミナさえあれば、じゅうぶん優勝できると思います。

yamada1
そして、ユキコさん。
なにげに、公式試合は初。しかも2試合。
7月のミニレキオバトル名護で試合しましたが、これは勝ち負けナシのスパーリング大会。
1試合目は、初出場同士の対戦。身長差で長い手足を使って、前半は圧倒していましたが、後半は少し失速して相手の反撃にあいながらも、判定勝ち。

yamada2
そして2試合目。やはり2試合はキツかったようで、しかも相手は試合経験者ということもあって、どんどんスタミナを削られ、2ラウンド終了間際では、もう立っているのがやっとのくらいでした。結果は判定負け。しかし公式戦初出場で2試合、これだけですごいことだと思います。お疲れ様でした。


45854270_1914894291964697_1505408113379901440_n
※ここからはあくまでも試合に出る人です。
うちのジムのプロ・アマの試合に出るメンバーたちを見ていて感じるのは、ミット打ちをやったら、それで満足してしまっているように見えること。
まずはシャドーでもサンドバッグでも、自分で自分を追い込むことができないと。ミットでその時だけ他人(トレーナー)の力で追い込んでもらって強くなったと思ってもそれは勘違い。まずはシャドーでもサンドバッグでも、自分の力や体力、気持ちを振り絞って、追い込んで、自分の怠け心、苦しさなど、自分の弱い気持ちに勝てなければ。
自分で限界まで追い込んで、そこからさらに他人(トレーナー)の力を借りて、自分を追い込んでもらう、そしてさらに強くなる。ミットに備えて、呼吸が乱れないように軽くサンドバッグ蹴ってたり、3分終わる前に、ミット打ちをする準備してたり、それでは強くなれないです。まずは自分に勝たないと。


加圧シャツ!パンプマッスルビルダーTシャツ


名護ムエタイスクール
沖縄県名護市大西2-4-34
0980-43-0016

フェイスブックページあります。動画配信中↓
https://www.facebook.com/nagomuaythai


名護ムエタイスクールでは、
ジム、選手を応援してくれる個人・企業・団体様を広く募集しております。
お問い合わせはこちらのフォームから↓
http://muaythai-nago.blog.jp/archives/72300258.html