最近、いろんな試合をネットなどで見れるようになって、

ちょくちょく見ているんですが、ほんと若い選手の活躍が目立ちます。

若い選手のほとんどは、小学校や中学校のころから、はじめているので、

プロデビューするときには、アマチュアで既に何試合もこなしています。

だからデビュー戦とかでも、プロで何試合している選手たちと同じように動けるし、

またはそれ以上の実力の人もいます。

それだったら、小さい頃から始めたら、誰でも強くなれるのか?といったら、

そうではないと思います。

大人になってからはじめても、プロで十分通用するし、チャンピオンになる人もいます。

image

私が、思うのはジュニア時代の練習や試合への取り組み方です。

これを考えてやっているジュニアと、ただ試合に勝つためだけを考えたジュニアとでは、

何年後かには、かなりの差が出るのではないでしょうか。


最近、活躍しているジュニア出身の選手たちは、上手いのはもちろんですが、

ディフェンス(防御)力がとても高いです。

IMG_4582

もし、ジュニア時代から、勝つためだけの練習をし、

試合でも、ジュニアは試合時間が短いので、

その試合に特化した、短距離走のように、先に攻撃して、

そのまま手を休まないで攻撃し続ける、

そして、もし首相撲の展開になったら、とりあえず抱きついたり、首投げ(これは反則)をして、

その場をしのぎ、勝ちに繋げるような試合ばかりしていると、

首相撲はもちろん、ディフェンス(防御)がおろそかになってしまうでしょう。

しっかり相手のキックをカットしていたか?

相手のパンチをガードしていたか、

ハイキックに対して、ヘッドギアもつけているから、

ガードしてただ距離を潰してパンチを打ち返すのではなく、

たまにスウェーなどいれて、なるべく頭へのダメージを受けないようにしているのか?など。

もし、ジュニア時代から、その先を見越してやっているならば、

そこは考えなければなりません。

7R4A3160

キッズたちに、キックを続けさせるモチベーションを維持するためにも、

なるべく試合に勝って、さらにやる気になってもらわなければならないのもわかります。

しかし、勝ち負け以外でも、そういうディフェンス面など、

評価するところはたくさんあると思うので、そういったところを褒めてあげたりすれば、

負けても、また頑張ろうってなってくれると思います。

IMG_4471

あと、ジムに通っていても、やる気が有り余っていて、家とかで自主トレするのは、

とても良いことだと思いますが、ジムで指導者が教えてくれているのに、

家でも、技術面や作戦などを、親が教えたりするのは、オススメしません。


まず、子どもも混乱します。

それに指導者も、そんなこと教えたことないのに?ってことたまにあります。

教えていく順序も考えて進めています。

ジムでは、一人一人の子をしっかり見て、

技だけでなく、バンテージの巻き方ひとつとっても、

その子にやりやすい、その子に合ったやり方を教えています。

その人はこんなの教えてくれる、あのジムはこんな技を教えてくれるとか、

いろいろ思ってしまうかもしれませんが、

ほとんどの指導者は、そういうこともすべて知っていて、

その中でその子に合ったやり方を教えています。

技とかやり方を、わからないわけではないんです。

この子にあの技は、ガードが下がるから教えない方がいいな?とか、

もしこの技を教えたら、こればっかりやってしまって、他のことがおろそかになるな、とか。


もし、どうしてもって、家でもトレーニングさせたいっていう人は、

精神面とか、走り込みなどの体力面など、ジムのトレーニングだけでは不足しがちな、

そういったことを教えてくれると助かります。

特に精神面は、親御さんの影響を1番受けると思うし、

なんだかんだ言っても、1番信頼している人、

1番言うことを聞くのは、やはりお父さん、お母さんです。

子どもは、ジムだけでは強くなれないし、家だけでも強くなれません。

みんなが協力してやっていかなければなりません。

IMG_4436

名護ムエタイスクール
沖縄県名護市大西2-4-34
0980-43-0016

フェイスブックページあります。動画配信中↓
https://www.facebook.com/nagomuaythai

名護ムエタイスクールでは、
ジム、選手を応援してくれる個人・企業・団体様を広く募集しております。
お問い合わせはこちらのフォームから↓
http://muaythai-nago.blog.jp/archives/72300258.html


加圧シャツ!パンプマッスルビルダーTシャツ