どこのジムでもそうだと思いますが試合で闘うのは選手だけではありません。

セコンドも一緒に闘っています。


日曜日にせまった、かきだみしに向けて、

セコンドとして一緒に闘ってくれるメンバーも最後の確認に入ってます。

セコンドって試合のときに、ただ叫んでいるわけではありませんよ叫び

こうやって普段からお互いコミュニケーションをとって、信頼関係を築いてます。

photo:01

いつもは、名護の番人としてリングに上がっている金城さんも、


今回はセコンドとして選手のサポートに入ってくれます。

photo:02


かきだみし当日はイケメントレーナーも試合会場にいるのですが、


大会スタッフとしても動き回っているので、


なかなか選手たちに付っきりというわけにはいきません。


こういうときに、安心して任せられるメンバーがいるってのは、


名護ムエタイスクールのいいところですね。


【JTB】沖縄のおすすめ旅館・ホテル


読者登録してね